奥田研究室 / Kenji Okuda's Lab
Japanese
English
コラム


コキンほんわか集

藤川ケンジによるエッセイ
ページ[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7]

  [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16]


コキンほんわか集 巻第十

# 全国ミスタードーナツポイントカード収集選手権(2003年7月13日)
 こんな選手権やってます。全国各地のミスタードーナツのポイントカードを幅広く集めること。10点でプレゼントは同じでも、意味合いが違う。たった数週間のキャンペーン期間中、支店間マイル(?)を計算して表彰するってのはどう? 1位の人には当然「ダスキン交換マット1年分無料」やね。おれなんか3週間のうちに新宿アルタ、岡山、大阪、宝塚、東京ドーム横、奈良、出雲、名古屋、高知を完全制覇したぞ(どないや、ピングーもびっくりやろ)。かなりこだわらんとできへん記録やと思うよ。新幹線の指定券を変更したり、飛行機に乗り遅れかけて出発を遅らせたりもしたけど。1日2、3件を努力目標にしてるし。タクシー使う時なんかある意味かっこええかも。運転手に「どこ行きますの?」と聞かれて「あー、近くのミスタードーナツまで」とクールにね。アメリカでもミスタードーナツ探したけど見つからへんかった。ところで、中国やったら銀色削ると「壱点」とか「弐点」って漢字で出てくるんかねえ? とにかく、ダスキンマット1年分はおれのもんや。「ポン・デ・夏みかん」1年分でもええよ。あの食感はええわぁ。

# ガッコの先生(2003年7月15日)
 空振る質問。「きょう、欠席してるひとーっ!!」てやつな。「欠席してたら返事できへんやんけ!!」ってさ。まあほとんどの先生が、照れ隠しなのかボソっと「…って返事あるわけないわな…」とつぶやくんやけども。よく考えてみるとそれって「変形一人ぼけつっこみ」やんか。なかなかガッコの先生もやるもんや。でも以前「欠席してるひとーっ!!」に思わず「ハ、ハイッ(汗)!!」と返事して笑われたやつがおったわ。そいつ、欠席してる友達の代返「お初」やったそうで、極度に緊張しとったみたい。かわいいやっちゃでー。

# ティッシュ1年分って?(2003年7月26日)
 「大当たり!! ティッシュ1年分です」って言われたとき「何を基準に1年分やの?」って思いませんか。それは個人差あるやろー。花粉症持ちやったら「どこが1年分やねん。足りへん足りへん」となるやろ。うちの実家の犬、散歩のマナー「フンとって、気がねのない散歩」をきちんと守るためにティッシュを4枚重ねて外出するで。これ、3枚やとウンコの温かみがビミョーに手に伝わるから4枚っちゅうのがポイントやねん。やっぱ超小型犬は4枚ですよ。まあ、愛犬のウンコの温かみなら、それもまた可愛いっちゅうもんや。。何の話やねん。とにかく、基準が分からん。

# どこがプリンス?(2003年7月29日)
 誰が名付けたかこの呼び名。「サッカー界のプリンス」みたいな表現があるやろ。プリンスっちゅうくらいやから王子様ちゅうことでカッコええやつに付けられる呼び名なんやろう。ところが、とにかく納得いかんのは政治家に付けられる場合ね。「○○派のプリンス」とかっていうから、どんな王子様かと思ったら「おじさま」やん!! おやじやで。何をどう間違うたらプリンスになるの。頭がプリンちゅうならわかるがな。

# スーパーのレジの並び方指南(2003年8月3日)
 スーパーのレジを並ぶとき、どのレーンにするか迷うであろう。よいか、ここにレジの並び方の王道がある。心して聞けよ。まずは初心者。並んでる客が少ないところにササッと入れ。次は中級者。並んでいる客の買い物かごの中を見て、中身が少ないところにシレッと並べ。そして上級者。並んでいる客が少ないレーンでもノロノロ小銭を探しそうなオバハンの並ぶレーンはキッパリ避けよ。しかしいずれも策におぼれぬように。少なくともこの上級達成の者には「伊藤一刀斎八日道」の免許皆伝ぢゃ。

# 関西んぐりっしゅ(2003年8月14日)
 おれの恩師が教えてくれた。関西弁をそのまま英語にしても通じるってな。ポイントは堂々としゃべることや。たとえば、【This is a pen.】というのは「これでっさ、ペン!!」といえばそれでええ。【That is a pen.】というもの「あれでっさ、ペン!!」 これでええ。質問するときもそのままでええ。【Is this a pen?】なら「これでっか、ペン?」とな。な、おんなじ響きやろ? 

# 関西すぱにょーる(2003年8月15日)
 実はスペイン語も関西弁でそのままいけることに気がついた。【mucho/cha (むーちょ/むーちゃ)】は、「たくさん」とか「とても」ちゅう意味やんか。【Muchas gracias.】やったら、「むっちゃ、ありがとーっす!!」って言えば通じるって。響き、そっくりやん。す、すげー!!

# 炎の男(2003年9月4日)
 炎の男。燃える男。いつも熱く燃えているという意味やな。とあるデパートのトイレに行くと「ここで喫煙しますと『炎探知機』が作動しますので、お煙草は喫煙所でお願いします」という張り紙があった。ほんなら、いきなり警報音が!! 「異常が発生しました。異常が発生しました。ファォファォファォファォ...」やと。おれは煙草吸わへんのにっ。なにが「ファォファォ」やねんっ。駆けつけた警備員が疑いのまなざしで「タバコ吸いましたか?」と聞くもんやから、「おれは熱い男やからかもなぁ」と言うておきました。炎探知機も目を覚ます炎の男とはおれのことや。

# 鉄人(2003年9月5日)
 鉄人。鉄のような人。まったく故障しないという意味やな。とある空港の金属探知ゲートの前で、ちゃんと財布やら携帯やら鍵やらを出してからゲートをくぐったのに。探知音がキコンキコン。おれは丸腰やのにっ。明治維新以降、帯刀していないのにっ。駆けつけた職員が疲れたまなざしで「鳴りましたんでご協力下さい」と言うもんやから、「おれ、鉄分摂りすぎたからかな?」とボヤいていると警察もやってきたわ。靴まで脱がされて、鉄人ちゅうのは辛いもんよ。

# ダスキンに始まりダスキンに終わる(2003年9月9日)
 最近見つけたCM。老夫婦のちょっとした日常のワンシーンなんやけどな。ばあさんが自分のとじいさんのと2つお茶を入れて台所に戻る。じいさんは自分のところに置かれた湯飲みと、ばあさんの湯飲みをそっと取り替える。しばらくすると、ばあさんが台所から戻ってくる。ばあさんがお茶を飲もうとして自分の湯飲みを手にする。茶柱が立っている。ばあさんは「茶柱...」と微笑む。そんなばあさんを見て、じいさんは満足そうに自分のお茶を飲む。「あなたの喜ぶ顔が見たい」。こんな静かなCM。こういうさりげない関係ってええね。で、何のコマーシャルかと思ったらダスキンでしたわ(なんとCMがチェックできます)。コキンほんわか集巻第十はダスキンに始まりダスキンに終わる。おれ、株主になろうかな。いや違う違う、早くああいうじいさんになりたいわ。







 



オープニングムービーに戻る


    ▲トップへ移動▲