奥田研究室 / Kenji Okuda's Lab
Japanese
English
コラム


コキンほんわか集

藤川ケンジによるエッセイ
ページ[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7]

  [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16]


コキンほんわか集 巻第七

# 屈辱のカスピ海(2003年1月11日)
 なんや知らんが、「カスピ海ヨーグルト」っちゅうもんが流行っていたらしいな。学生から主婦までが「栽培」しとるらしい。信じられんわ、そんなもん勝手に栽培するなよ。自家栽培のヨーグルトなんぞ食べるやつの気がしれん。国際的にみても、日本人が勝手にヨーグルト作っとるっちゅうのは問題とちゃうかな。菌を育ててどうすんねん。危険やぞ。実家に帰ったときに食べさせられたヨーグルト、もしやと思って聞いてみたら「知らんの? これカスピ海ヨーグルトっていうんやで」ときたもんだ。く、屈辱的、屈辱的や。

# アブ系ダイエット(2003年1月16日)
 通信販売で「アブ」が付くダイエット機器が次々と出てるやろ。パチもんも含めて。アブローラープラス、アブフレックス2、アブトロニックなどなど。売れてるんやろうな。でも、効果があるかどうかという点ではどれもCMでやってるほど上手くいくわけない。CMでは、ムキムキ男女モデルがダイエット機器を使っているシーンが流れまくるが、そいつらは元々、ムキムキなんやって。サプリメントも含めてダイエット系グッズを期待して購入し、説明書を読むとがっかりするもんや。たとえば「他にも、できるだけ毎日運動して下さい」とか書いてある。CMでは「簡単です。たったこれだけで…」って言うとるくせにな。あと、笑えるのはアブトロニック系の説明書な。注意事項に「妊娠中はやめてください」やと。あたりまえやろっ!! ムキムキの赤ちゃんが産まれたらどないすんねん。。。ま、アブ系ダイエットは「ネタ的」に楽しもう。

# 家庭用カラーコピー機(2003年1月24日)
 いやまあ便利な時代になりましたな。カラーコピー機なんちゅうものは、ひと頃「ン十万」もしたのに3万円以下で買える時代や。でもこれって、スキャナとカラープリンタを組み合わせただけのもんみたいやな。それにしても、ほれ。電化製品の通信販売CMはやっぱり上手いこと作っとるわ。たぶん、家庭用カラーコピー機の複写速度ってめちゃくちゃ遅いと思うねん。CMではコピー完了寸前のシーンから排紙する瞬間を何遍も流してるんよ。排紙する瞬間は「サッ」っとなるもんやから、視聴者はあたかも「サーッ」っとコピーできるように勘違いしてしまう。だからきっと購入して使ってみたら「思ったより遅い」と感じるはず。家庭用カラーコピー機はまだまだ遅いということを肝に銘じておかなあかんで。ホンマせやけど、上手いこと制作してるもんやわ。

# 地下鉄ちゃうやん(2003年1月30日)
 東京の地下鉄丸ノ内線、どこが地下鉄やねん。モグラがびっくりするっちゅうねん。モグラにしてみたら、「あー、やっぱ地下鉄は暗くてええよなー。。。 あれ? 何や、何や明るなってきたぞおい。おいおいおい、な、何やこれ、地上出てもうたやんけ。うわっ、まぶしー!! まぶしいっちゅうねん!! グラサン、グラサン。。。」となるわな。だいたいやねぇ、東京の地下鉄がわけ分からん。営団地下鉄と都営地下鉄ってややこしい。モグラにやさしい表記、「部分地下鉄丸ノ内線」とか「完全地下鉄半蔵門線」とかにしておけって。

# 数の概念が崩れるとき(2003年2月12日)
 小学校から習ってきた「かず」の概念が崩れてしまう瞬間がこの世にはある。それは、単純にいえば「人間ポンプ」に出会ってしもたときや。「お兄さんはチョコレートを5つ持っていました。1つ食べました。残りはいくつになりますか」という文章題。今までは「5−1=4」と考えとったんやけど、これは正確には正しくない。答えを確認するとき、「残りのかずを数えてみましょう。1、2、3、4、…オ、オェ〜、5っ!! 不正解!!」となるねん。要するに、最後まで集中して問題を聞けっちゅうこっちゃ。「1つ食べましたが、消化せずに出しました。残りはいくつになりますか」かもしれんわけや。文章題を解く前に「先生、人間ポンプありですか、無しですか?」と確認する小学生が増えそうやな。

# お前がやん(2003年2月18日)
 「その広告、ジャロに聞いたらどうじゃろ」って。問題のある広告はこちらにっていう公共広告のCMで使われるフレーズな。いつも思うねんけど、「ジャロのCMのオヤジギャグが問題やん」とな。「ジャロに聞いたらどうじゃろ」って、岡山弁そのままやん。寒い。とにかく寒いわ。

# サクサクカプチーノ(2003年2月28日)
 北海道のお土産。いろいろあるけど、ずーっと気になっていたのが「サクサクカプチーノ」やね。六花亭の。六花亭ので有名なのは「バターサンド」やけど、オレはレーズンがアカンから、六花亭のお世話になることは生涯あるまいと思ってたんや。北海道のCMで「サクサクカプチーノ、サクサクカプチーノ」と何度となく流され、その響きがオレの心にこだました。「さくさく」って言葉が好き、「カプチーノ」が好き。きっとすばらしい食べ物やと信じてた。お土産にもらった。もう最高やぞ。3日9食、サクサクカプチーノ喰いたい。ひざにポロポロこぼしてもサクサクカプチーノ喰いたい。体脂肪率が上がってもサクサクカプチーノ喰いたい。サクサクカプチーノの六花亭のサイトはこちら。

# 高校教師?(2003年3月5日)
 ローン会社のCM、ヒットしてるやろ。子犬の目がうるうるのやつ。あれの「高校教師版」ってあったらどんなんやろ。
「センセがすき」
「卒業までまちなさ・・・」
(ここでメランコリックな曲。映像(妄想?)。そして、決めコピー)
「どーする? あいするぅ?」
 ・・・どーも、いかんね。







 



オープニングムービーに戻る


    ▲トップへ移動▲