奥田研究室 / Kenji Okuda's Lab
Japanese
English
コラム


ABA日記
ABAソリューションの活動など、日記風にご覧いただけます。
ページ[1] [2] [3] [4] [5]

 

ABAソリューションの活動 No.2

 

■ABA情報■(2003年9月11日)

 ABAソリューションの会員さんからご質問の多い教材について。プロユースのものを少しずつ紹介していくことにします。まずは、意外にできていないのが「机とイス」選びです。この「机」という言い方がいけなかったのでしょう。テーブルのほうがやりやすいと思います。しかも、一番いいのは幼稚園・保育所にあるタイプです。間違って、小学校で使っている机とイスを購入したら大変です。子どもの成長に合わせて机やイスの高さに難がでてくるでしょう。それに、向かい合ってトレーニングする場合、小学校の机だとセラピストと子どもの足の間にある横棒が邪魔です。テーブルは4本足であることが重要です。持ち運びの点でも、小学校の机とイスは車に入れるときに大変です。でも、4本足のテーブルなら折りたたみ式のやつを選べば軽自動車でも簡単に収納できます。
 幼稚園・保育所にあるタイプは高さ的に使えなくなるのでは、という質問もあります。でも、これが不思議と大人になっても使えるのです。保育所とかに行って子どものイスに座ってもあまり疲れません。小学校のイスだと中途半端にしんどくなります。大人は保育所のイスに座ったときは足を伸ばすか開くかすれば、本当に楽です。子どもにとっても、成人した自閉症青年へのセッションで、彼は身長180cmありますが、大人と同じように足を開いて座っています。あとは、イスのパイプの材質です。多動でイスをガタガタやる子どもさんでしたら、強度の高いやつを選びましょう。ペンキぬりの強度の弱いイスで、変な座り方をしているときに「ばきっ」と折れたことがありました。私のお薦めは銀色に光る材質のしっかりしたイスです。それから、肘掛けはないほうがいいです。
 とにかく、テーブルとイス。こういう家具類で良いのを使うのは、知らず知らずのうちに溜まる身体的疲労を予防してくれます。「テーブル1つ、イス1つ」ではなく、イスはまったく同じものを2つ用意されたほうがいいです。大人も楽ですし、持ち運びも同じイスなら2つ重ねて運べます。
 ABAソリューションの会員さんが調べて購入され、好評だったテーブルとイスのメーカーサイトと型番をお知らせします。サイズ、値段、購入方法などの情報は、メーカーにお問い合わせ下さい。

ひかりのくに http://www.hikarinokuni.co.jp/

2人用机塗りA2S 
W−33000/15300(税抜き定価)

椅子背付メッキFSM
W−02000/4350(税抜き定価)

 

 

 







 



オープニングムービーに戻る


    ▲トップへ移動▲